STARSオープンウォーターダイバーマニュアル

目次

オリエンテーション
休日は魚に変身
メディカルチェック
認定カード
 
ダイビング器材
マスク
スノーケル
フィン
グローブ/ブーツ
スーツ類
ウエイト
タンク
レギュレーター
バックアップスクーバ
BC
ゲージ類
その他の器材1
その他の器材2
その他の器材3
器材の準備
器材の手入れ
 
水中環境
地形と人工構造物1
地形と人工構造物2
海況1
海況2
毒を持つ生物1
毒を持つ生物2
攻撃性のある生物
 
水中生理
光と色

抗力/浮力
熱の吸収
空気の組成
空気の循環とメカニズム
水中での呼吸法/空気の消費量
圧力
圧力と気体の体積
肺の過膨張
エアーエンボリズム
ガス中毒
ハイパーベンチレーション
スキップ呼吸
減圧症
体内の空洞
スクイーズと圧平衡
各空洞のスクイーズ
リバースブロックと圧平衡
各空洞のリバースブロック
 
プランとルール
ダイビングポイントの選択
リーダーとメンバー
バディシステム
器材
健康管理
リフレッシュコース
中止と変更
緊急時の対策
コミニュケーション
空気消費率/潜水可能時間
ダイブテーブル
体内窒素の変化
窒素の蓄積の比較
ダイブテーブルの構成
無減圧潜水可能時間
反復記号
浮上時間
窒素消失時間
水面休息時間
2本目の無減圧潜水可能時間
残留窒素時間
2本目の反復記号
減圧停止
安全停止
飛行機搭乗可能時間
その他の注意
ワークシート
ダイブプランのたて方
マルチレベルダイビング
マナー
 
ダイビングスキル
3点セットの装着
スノーケルクリア
フィンワーク
ウエイトベルトの装着
ヘッドファースト
器材のセッティング
エントリー
潜降
レギュレータークリア
マスククリア/マスク脱着
レギュレーターリカバリー
浮力の調整
BC脱着
ウエイト装着
器材の取りはずし方
緊急時の対応1
緊急時の対応2
緊急時の対応3

ネットダイバースクールTOP
ネットダイバースクールTOP

水中環境
   トップページ  > ライセンス(Cカード)取得コース  > セルフトレーニング  > マニュアル

海況1

風や流れはダイビングの水域に大きな影響をおよぼします。
サーフィンを楽しむような水域では、ダイビングは楽しめません。
波や流れのない、穏やかな水域がダイビングに適しています。



■波

波は、おもに風によって起こり、海岸で風がなくても、沖で風が吹いている場合には、海岸に大きな波高の波が打ち寄せます。
波の波高が大きいと、水底では底揺れが起こり、砂などが巻き上がり、水中に濁りが生じます。
また、波は岸に近づくと波のかたちが崩れ、引き波が起こります。
波が崩れるあたりから岸まではサーフゾーンと呼ばれ、足をすくわれやすいので注意しましょう。



■陸風と海風

昼間は、海から陸に向かって吹く海風が起こります。
海風は、昼間の太陽により陸の上の空気が、水の上の空気より速く暖められ、これにより上昇した空気のすきまに水の上の空気が吹き込んでくるためにおこる現象です。
夜間は昼間とは逆に、陸上では海上より冷えるのが速いため陸から海に向かって吹く陸風になります。


■地形と流れ

長い海岸線が続くところでは、風により海岸線に沿った流れ(ロングショアカレント)が生じます。
岸近くに浅瀬がある所では、引き波による海水の流れが、浅瀬の切れ目に集中し、強い流れ(リップカレント)を生じます。
また、多数の大きな岩や障害物により水路が出来ている場所は、複雑な流れに注意しなければいけません。





BACK  NEXT

© net-diver school.2006.All rights reserved