STARSオープンウォーターダイバーマニュアル

目次

オリエンテーション
休日は魚に変身
メディカルチェック
認定カード
 
ダイビング器材
マスク
スノーケル
フィン
グローブ/ブーツ
スーツ類
ウエイト
タンク
レギュレーター
バックアップスクーバ
BC
ゲージ類
その他の器材1
その他の器材2
その他の器材3
器材の準備
器材の手入れ
 
水中環境
地形と人工構造物1
地形と人工構造物2
海況1
海況2
毒を持つ生物1
毒を持つ生物2
攻撃性のある生物
 
水中生理
光と色

抗力/浮力
熱の吸収
空気の組成
空気の循環とメカニズム
水中での呼吸法/空気の消費量
圧力
圧力と気体の体積
肺の過膨張
エアーエンボリズム
ガス中毒
ハイパーベンチレーション
スキップ呼吸
減圧症
体内の空洞
スクイーズと圧平衡
各空洞のスクイーズ
リバースブロックと圧平衡
各空洞のリバースブロック
 
プランとルール
ダイビングポイントの選択
リーダーとメンバー
バディシステム
器材
健康管理
リフレッシュコース
中止と変更
緊急時の対策
コミニュケーション
空気消費率/潜水可能時間
ダイブテーブル
体内窒素の変化
窒素の蓄積の比較
ダイブテーブルの構成
無減圧潜水可能時間
反復記号
浮上時間
窒素消失時間
水面休息時間
2本目の無減圧潜水可能時間
残留窒素時間
2本目の反復記号
減圧停止
安全停止
飛行機搭乗可能時間
その他の注意
ワークシート
ダイブプランのたて方
マルチレベルダイビング
マナー
 
ダイビングスキル
3点セットの装着
スノーケルクリア
フィンワーク
ウエイトベルトの装着
ヘッドファースト
器材のセッティング
エントリー
潜降
レギュレータークリア
マスククリア/マスク脱着
レギュレーターリカバリー
浮力の調整
BC脱着
ウエイト装着
器材の取りはずし方
緊急時の対応1
緊急時の対応2
緊急時の対応3

ネットダイバースクールTOP
ネットダイバースクールTOP

水中生理
   トップページ  > ライセンス(Cカード)取得コース  > セルフトレーニング  > マニュアル

減圧症


潜降すると、窒素は体内に溶け込みます。
浮上すると、体内に取り込まれた窒素は排出されていきます。

体内に大量の窒素が溶け込んだ状態で急浮上すると、窒素が体の中で気泡となり、体の中が炭酸飲料のようになります。

この気泡が血液の流れを妨げたり組織に障害を与えたりすることを減圧症と言います。


■症状

気泡の量と発生した場所により、いくつかの症状に分けられます。
最も軽症なのが皮膚症状で、皮膚が痛がゆくなり、発疹やまだらな斑点ができることもあります。

関節に起こる減圧症はベンズと呼ばれ、減圧症の9割以上を占めます。
肩や肘に起こることが多く、鈍痛から始まりやがて針を刺すような激痛に変わります。
呼吸循環系や神経系の減圧症は、命にかかわる重症です。

また、不完全な減圧を繰り返すと、減圧症の症状がその時に現れなくとも、後に慢性的な関節の障害である骨壊死がおこる可能性があります。


■減圧症の応急処置と予防

応急処置は、酸素吸入を行い、大至急で再圧チャンバーのある病院に運ぶ必要があります。

予防としては、ダイブテーブルを使用して安全な潜水計画を立て、体内に窒素を蓄積させないよう深く長いダイビングは控えることです。
そして、浮上の際は窒素を効果的に排出できるように定められた浮上スピードを守ることが重要です。

ダイブコンピューターは水深や時間等を計算し減圧症を防ぐためのツールですので、これを利用しましょう。
また、浮上スピードが速いと警告音や表示がでるので大変に便利です。


BACK  NEXT

© net-diver school.2006.All rights reserved